まきおのそよ風

ブログ「まきおのそよ風」と題し、施設から最新の情報をお届けします。

2020年06月

夏本番を前に、キャンプサイトで夕涼み時間⌚

日中は川遊びやBBQで楽しんだ後、山間を吹き抜ける穏やかな風にあたりながら、パチパチと静かに燃えるたき火。

木々の葉がこすれ合う音...川の流れる音...癒し効果は抜群。

日常の喧騒から離れ、非日常を味わう贅沢な空間。
あなたもいかがですか?
00000013_eye_catch

平年より2日遅い梅雨入り、和泉市立青少年の家でも恵みの雨が昨日からまとまって降っていました。

そして槇尾山グリーンランドのあじさいもちらほら花が咲き始めその可憐な姿を見せ始めています。

s-DSC_0089__midium
そのあじさいのそばに大きいスズランのような白い花が咲いているのを見つけ調べてみると(ホタルブクロ)というキキョウ科の花で蛍が飛び始める時期に咲きはじめるようです。

名前の由来は提灯の古名を「火垂・ほたる」といい、それに似ていると言う説、また子どもがこの花に蛍を入れて遊んだなど諸説あるようです。

s-ホタルブクロ小__midium

そう言えば槇尾川にも蛍が飛び始める時期となり初夏の到来が間近となりました。

またグリーンランドのあじさいはこれからが見頃を迎えます、友人や家族を誘っていらっしゃいませんか?

消毒液スタンドをホームセンターで手に入る木材や扉のコマを使って作りました。

昨今の必要機材としてスーパーなどに設置してある消毒液スタンド、青少年の家にも必要なのですがとにかく 高額!

しかもそのサイズは小さな子供だと手が届かない・・・

そこで約70cmの消毒液スタンドをホームセンターで手に入る木材や扉のコマを使って作りました。

s-4__midium

手作り感すごいですが結構使える。

でも「どうしたらアルコールが出てくるのか判らなくて直接ボトルを手で押している人を見かける」と聞いていたので、遊び心で踏む所にネコの肉球マークを書き込んでみました、これでココを踏むってわかりますよね?

s-3__midium

でも本当は消毒スタンドなんか使わなくても安心して生活出来る日が一日でも早く訪れる事をスタッフ一同心から願っています。

槇尾山森林浴コース(通称:槇尾山グリーンランド)登山道に 梅の木が10本ほど植えられています。

これは、芝生広場にある携帯電話基地局の設置にあたり、 引き込み電線に大きな桜の木が邪魔になり、伐採された後に植えられたのが梅の木です。

あれから3年。木はそんなに大きくはないですが、初めて実をつけました。 (全部の木にではないですが、・・・)

00000005_eye_catch

キャンプは不便さを楽しむものという考えは古い??

最近のキャンプは、家電を持ち込んで快適に過ごす便利なスタイルもあるそうです。

和泉市立青少年の家には、区画割りされたテントサイトが5ヶ所ございます。

その各サイトにAC電源が設置されました。

 00000004_eye_catch

差し込み口は2つありますので、いろんなシーンで活用いただけると思います。

新たな利用価値を備えた「和泉市立青少年の家のキャンプ場」を是非ご利用ください。

↑このページのトップヘ